1月15日に、当校の新年会が行われました。



新年らしい飾りつけの中、雑煮や餅、寿司などの和食、門松の工作や福笑いなどの伝統遊びを楽しみました。





新年会のしめくくりは、在校生による舞台発表で、「お正月」「とけいのうた」「手のひらを太陽に」の三曲を披露し、「大きくなったらなりたい職業」を幼稚部から三年生まで全員が一人ずつ発表しました。



宇宙飛行士・薬の研究者・天文学者・農家・花屋・魚屋・パイロット・ファッションデザイナー・サッカー選手など、様々な夢を語る頼もしい子ども達に、観客の皆さんは温かい拍手を送ってくださいました。



最高学年の四年生は、日本語を活かした将来の職業についての作文を読みあげました。



これからもみんな仲良く日本語を学びながら、夢を目指していくことでしょう。



お陰さまで多くの地元の方にもご来場いただき、今年のいいスタートが切れました。



本年もどうぞよろしくお願いします。