定款

ぜひご一読ください
ツーク日本語学校協会定款 日本語(副文)
定款はドイツ語を正文としております。ドイツ語をご希望の方はinfo@jszug.chまでご連絡ください。
Die deutsche Version der Statuten ist authentisch.
Wenn Sie die deutsche Version wünschen, kontaktieren Sie uns bitte per Mail: info@jszug.ch

運営方法

当校の運営母体は、非営利のZUG日本語学校協会Japanische Schule Zug / Vereinであり、協会は代表・副代表・財務/会計を含む運営委員会と協会員によって構成されます。
運営委員および協会員は、無償で学校の運営をおこないます。
お子さんが当校へ入学される場合には、必ず少なくとも保護者一名は協会員になる必要があります。

事業会計年度を8月16日~翌年8月15日と定め、9月~10月の間に定例総会を開催します。会員の有資格期間も同じです。

総会では、年度会計報告と次年度の運営委員(代表・副代表・財務/会計・他)の選出、及び、議案の票決を行います。
協会年会費協会の年会費は、授業以外に発生する以下の経費に充てます。

事務諸経費、銀行手数料、Websiteの維持費(サーバー使用料)、学校宛て郵便転送サービス (Vereinspost)等の固定諸経費、及び総会運営に関わる経費、備品・教員用教材の購入費等、教員の研修費、継承後連絡協議会出席のための交通費、会計士への費用、年度毎に発生する経費

入会をご希望の場合は、info@jszug.chにご連絡ください。
入会申込書受領後一ヶ月以内に、運営委員より入会の書面をメールにて送付します。
(詳細は、「協会定款」第6条会員の受け入れ及び第10条会費の項参照)

協会年会費

1家族につき70フラン(2019年度)
協会年会費は毎年見直しを行います。

ご寄付のお願い
ツーク日本語学校協会は非営利団体であるため、運営委員は無償で運営に当たっており、児童保護者からの授業料は教員への報酬にあて、協会年会費は運営諸経費に充てております。
しかしながら、

  • 在校生の日本語能力を高めるための図書の購入代金
  • 日本文化への理解を深めるための特別授業用補助費用

以上は、協会としてバザーに参加するなどして収益を得る予定ではありますが、当協会の趣旨に賛同してくださる方々からのご寄付も受けさせていただいております。
当協会への推薦文をご紹介させていただきます。

「スイスの日本人社会も高齢化に入りました。突然日本語しか話せなくなってしまった方のお話をご存知ありませんか。そんなとき日本語を話せる介護士さん、お医者さん、美容師、弁護士がいたらどんなに助かるでしょう。ツークの有志のかたが立ちあがり、まさにそういう人材が育成されようとしています。未来のために、今からこの子たちに投資しておきませんか? そしてもし、彼らがこれらの仕事につかなかったとしても、日本語は私たち日本 人社会の共有の財産です。有志のみなさまに感謝して応援します。どうもありがとう!! 」

押川恵美GEIS様

「ツーク日本語学校の開設、おめでとうございます。 最近世界中で日本が興味を持たれています。特に日本語は各国で習得が始まっています。 もったいない、という日本語がはやりだしています。 私共の製造界では、何十年も前からKAIZEN(改善)という日本語が使われています。 こういう時期に日本人に日本語をしっかり教えることは非常に大切だと思います。 是非皆様、頑張って下さい。」

株式会社前川製作所 名誉会長 前川正雄様

できるだけ多くの児童に、できるだけ質の良い日本語教育と日本文化に触れる機会を!という思いが形になりました。 ご寄付は随時、下記の口座にて承っております。 ご賛同いただけましたら、お志を賜りたく、心よりご協力をお願い申し上げます。

<寄付振込口座>
Migros Bank AG
8001 Zürich
IBAN: CH71 0840 1000 0591 8688 7
Japanische Schule Zug

BIC: POFICHBEXXX